おすすめの格安レンタカー業者ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

レンタカー利用時に起こる可能性があるトラブル事例と対処法

レンタカーは気軽に利用できるため、活用している方も多いのではないでしょうか?しかし、レンタカーは手軽に利用できる反面、トラブルに遭遇するケースもあります。そこで今回は、レンタカー利用時に起こる可能性があるトラブル事例について解説していきます。トラブルの対処法もセットでお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

駐車違反

レンタカーに限った話ではありませんが「少しの時間ならいいか」と思い路肩に車を止めたまま車から離れた際に、駐車違反として取り締まられる可能性があります。

レンタカーで駐車違反した場合、速やかにレンタカー会社へ連絡をしましょう。そして、車に付けられた確認標章に記載されている警察署へ行き、反則金を支払ってください。

レンタカーだから、自分が反則金を支払わなくてもばれないかもしれないと思う方もいるかもしれません。しかしレンタカーの場合は、レンタカー会社へ警察から連絡がいきます。黙っていてもバレてしまうため、正直に申告しましょう。また、駐車違反に関する書類等はしっかりと手元に残しておくことも重要です。

スピード違反

レンタカーであっても、道路ごとに設定されている法定速度を守っていない場合、スピード違反として取り締まられる可能性があります。

スピード違反が警察に見つかった場合、その場で警察から違反切符を渡されます。レンタカーでスピード違反をした際は、駐車違反したときと同様に、レンタカー会社へ連絡をしましょう。

そして、警察の指示に従って警察署へ行き、反則金を支払う必要があります。

事故

どんなに注意をしていても、車で事故を引き起こす可能性はゼロではありません。もし事故を起こした場合は、ケガをした人の救護を優先して行ってください。必要に応じて救急車を呼びましょう。

そして、事故を起こしたことを警察へ連絡します。警察や負傷者とのやりとりが落ち着いたら、レンタカー会社へ連絡を入れます。

レンタカー会社によっては事故専用の受付センターを用意している場合もあるため、車を借りる前に緊急時の連絡先を確認することも重要です。レンタカーで事故を起こした場合、「すべての費用を個人が負担するのでは?」と不安に思う方もいるかもしれません。しかし実際はレンタカーの費用に自動車保険が含まれているため、全額自己負担となることはありません

レンタカー会社とのトラブル

レンタカーを利用するとき、車を借りるレンタカー会社とトラブルになるケースも多いです。レンタカーを返却するとき、レンタカー会社によって車をチェックします。このとき問題がなければサインをして、返却が完了となります。

しかし、一度問題なしと判断されたにも関わらず、後日レンタカー会社から「車に傷が見つかったから店舗まで来てほしい」などの連絡が来るケースもあるのです。実際に店舗へ行くと、付けた覚えのない車の傷の修理代を請求されたり、想像以上の高額な修理代を請求されたりする場合があるようです。

このとき「返却時に問題ないといわれた」と主張したとしても聞き入れてもらえず、泣く泣く修理費を支払ってしまう方が多いです。レンタカー会社とのトラブルを避けるためには、レンタカーを借りる前に車の状態を確認することが重要です。

利用する際は、時間に余裕をもって店舗に行き、車両の傷や汚れを確認してください。このとき、内装もチェックしましょう。「覚えのない傷の修理代を請求された」というトラブルを防ぐためにも、車両の傷に気が付いた場合、細かい傷であったとしても必ず報告しましょう。このとき、証拠の写真を撮ることも大切です。

またレンタカーを返却する際の、レンタカー会社による車のチェックは、利用者も一緒に確認するようにしましょう。また、レンタカー会社との間にトラブルにあった場合は、最寄りの消費生活センターへ相談することも大切です。

「傷の修理代に納得できない」といった場合、レンタカー会社に請求の根拠や内容についての説明、明細の交付を求めることができます。修理代が高額になる場合は、必ず内容に納得してから支払うようにしてください。

ほかにも、レンタカーの契約前に、保険や補償制度の適用条件を充分に確認することも、トラブルを未然に防ぐために効果的です。レンタカーは、事業者によって保険や補償制度の内容や適用条件が異なります。

事故を起こした場合でも保険等が適用されない場合や、費用を負担しなければならない場合もあります。したがって、トラブルから身を守るためにも、事前に保険や補償制度についてチェックしておきましょう。

レンタカーを借りる前に利用規約はしっかり確認しておこう!

レンタカー会社は、自動車保険に加入しています。そのため、もし事故を起こしたとしても、すべての金額を運転者が負担するわけではありません。保険の限度額内であれば、保証が適用されるケースもあります。

とはいえ、レンタカー会社が加入している保険のみで、事故に関係する支払いのすべてが賄われるケースはあまりありません。その場合、レンタカーの運転者が支払い費用を負担するのが一般的です。そのため、レンタカーを借りる前には利用規約をしっかり確認しておくことが大切です。

 

安く手軽に利用できるため、レンタカーを活用する人は増えています。しかし、レンタカーを利用した際、トラブルが起きるケースも少なくありません。そのためレンタカーを利用する前に、よく起きるトラブルやその対処法を確認することが重要です。そうすることで、利用者の身を守ることにつながります。

サイト内検索
記事一覧

おすすめの格安レンタカー業者ランキングTOP5

イメージ1
2
3
4
5
会社名JBレンタカーニコニコレンタカーガッツレンタカーカースタレンタカーワンズレンタカー
特徴中長期貸し出し専門ながらも格安でレンタルできる 車両の整備・設備・スキルともにプロフェッショナルが揃っている 徹底的な車の点検や整備で安心安全のもとお客様に車を届けている 一人一人に心を満たす最高の接客を提供 全国に約360店舗を展開し多くの実績と信頼を誇っている
詳細リンク