レンタカーで事故を起こしてしまったら?保険や賠償を確認しておこう

公開日:2022/01/01   最終更新日:2022/01/26

「レンタカーを借りていて事故をおこしてしまったら、修理代はどうなるの?」こんな疑問はありませんか。車を借りるときは、自動車保険の加入がいります。自動車の保険料は、基本料金の中にはいっていることがほとんどです。この記事では、レンタカーを借りるときの保険の注意点や事故をおこしてしまった時の対応について解説します。

レンタカーは借りるときに必ず保険に加入する

自動車の保険への加入は、レンタカーを借りるときに入る必要があります。車を借りるときの基本料金の中に、自動車の保険料が含まれていることが多いでしょう。そのため、わざわざ自分で保険会社と契約をし、加入する必要はありません。

普段、車を乗らない方で「自動車保険になにも入っていないし、自分で入らないといけないのでは?」と考える方も、安心して利用できるでしょう。自動車の保険内容は、対人補償、人身傷害補償、車両補償などの一般的な補償であることが多いようです。

しかし注意が必要なのが、自動車の保険ではすべての補償がなされるわけではないということです。場合によっては、思いもよらず多額の支払いをする状況も出てきます。

そこで必要になるのが、オプション補償です。必ず入る自動車の保険だけでは、すべて補償できるわけではないという点を理解し、オプション補償の内容も知っておくとより安心できるでしょう。

レンタカーの保険の注意点

自動車の保険への加入は、車を借りるときに必要であり、一般的な補償はなされるでしょう。しかし、すべての損害を補償してくれるわけではありません。ここでは、車を借りる前に知っておくべき保険の注意点についてご紹介します。

オプション補償制度への加入

必ず加入する自動車の保険の補償内容だけでは、充実していない場合もあります。そのため、運転に自信がない方や多額の修理費用を払うことが困難な場合は、オプション補償に入っていることで安心して運転できますね。

主に2つのオプション補償があります。1つめは、免責の補償です。一般の自動車の保険補償では、対物賠償や車両補償に5万円ほどの免責金額がつくことが多いでしょう。

たとえば、事故で30万円の賠償責任を負ったとすると、保険から支払われるのは25万円です。残りの5万円は自己負担が必要になります。「自己負担は払えない」「全額補償を受けたい」という場合は、免責の補償に入ることで、全額の補償が受けられます。

2つめのオプション補償は、NOC。レンタカー会社は、修理期間中にレンタカーの貸し出しができなくなってしまいます。NOCは、この修理期間中の営業補償金を免除してくれる制度のことです。オプション補償に追加で加入をしていないと、事故を起こしてしまった時に、NOC代として最大5万円の営業補償金を支払う必要もでてきます。

補償の対象外になるケースを把握する

保険の補償対象外になった場合、保険適応とならず損害を全額自己負担しなければなりません。補償の対象外になるケースをご紹介します。

たとえば、契約者以外の方が運転して事故を起こした、無免許や飲酒運転で事故を起こした、警察へ通報しなかった、もしくは会社に事故の報告をしなかったなどがあります。この場合、損害は全額を自己負担となるので注意が必要です。

レンタカーで事故を起こしてしまったときは

事故をおこした時、頭がまっしろになってしまう方も多いでしょう。事故をおこしてしまった時は、落ち着いて対応することが大切です。実際に、レンタカーで事故をおこしてしまった時の流れをみていきましょう。

安全確認する

まずは、安全確認が第一です。車を安全な場所に停車し、負傷者がいるか確認しましょう。ケガ人がいる場合は、すぐに救急車を呼び、必要に応じて周囲の人に助けを求めましょう。意識がない人がいる場合、近くのお店やコンビニでAED(自動体外式除細動器)をかり、すぐに心肺蘇生法を実施しましょう。

警察に通報する

安全確認、負傷者の搬送が済んだら、必ず警察に通報しましょう。事故の大きい小さいに関わらず、事故の当事者は警察に通報しなければならないと法律で定められています。また警察に通報しなかった場合や、事故の相手と勝手に示談をした場合は、保険自体が適用されない可能性も考えられます。

レンタカー会社に報告する

警察への通報がおわったら、レンタカー会社にも事故の連絡が必要です。借りた車に乗っていて起こしてしまった事故では、会社で入っている保険が適用されることが大切ですので、必ず連絡してください。

報告後は会社からの指示をまちましょう。その後の費用の請求に関しては、会社が入っている自動車の保険から一般的な補償料が支払われます。しかし場合によっては、免責の補償や営業の補償などの自己負担金が発生することもあるので、指示に従いましょう。

 

レンタカーを借りる際の保険の注意点やレンタカーで事故をおこしてしまったときの対応をご紹介しました。レンタカーは、知らない道を慣れない車で運転する場合がほとんどです。とくに普段運転しない方は、不安も大きいですよね。そんな時は、オプション補償を利用することで不安がない状態でレンタカーを運転できる準備をしておくとよいでしょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

引越しの際は、色々と費用がかさみます。できるだけ費用を抑えて引越ししたいなら、レンタカーを活用することで引越し費用を抑えることができるかもしれません。では、どのような場合にレンタカーを活用す

続きを読む

夏休みなど、長期の休暇になるといつもと違う移動が発生することもあるでしょう。そんな時に活用できるのがレンタカーですが、借りる・返却するという流れを繰り返すとかえって高くなるもの。そこで気にな

続きを読む

車の事故の際に重要なドライブレコーダーですが、何を基準に選んだらよいかご存知ですか?本記事では、ドライブレコーダーを車に取り付けることの重要性を紹介します。具体的に何を基準に選んだらよいのか

続きを読む

無事に免許が取れたから、レンタカーを借りて出かけてみようと考えてはいませんか?そんな方のために本記事では、レンタカーを借りる際に気を付けるべきことを紹介します。これから初めてレンタカーを借り

続きを読む

新しいレンタカーの返却方法である乗り捨てサービスをご存じですか?知らない方のために本記事では、レンタカーの乗り捨てサービスについて紹介します。具体的な利用方法や、事前に把握しておくべき注意点

続きを読む

「国際運転免許証を使ってレンタカーは借りられる?」こんな疑問はありませんか。外国で取得した国際運転免許証を使ってレンタカーは借りられます。しかし運転するためには、いくつかの要件を満たしている

続きを読む

レンタカーを使って遠出をしたいなと思ったりすることはありませんか?そんなときに、遠くに行くなら長距離で時間もかかるうえ、複数人いるなら交代で運転したら1人の負担が減って楽に行けるのではないか

続きを読む

レンタカーを利用していると、片道だけレンタカーを使いたいなと思った事はありませんか?今回はそんな悩みを解消してくれるワンウェイ・レンタルというサービスについて解説します。ご存知ない方も多いか

続きを読む

パステルレンタカー 住所:埼玉県さいたま市北区宮原町3-567-4 TEL:0120-525-325 営業時間:09:00〜20:00 定休日:年中無休 パステルレンタカーは、埼玉県のJR宮

続きを読む

サンコーレンタカー(Gライオン・レントオール株式会社) 住所:〒664-0871 兵庫県伊丹市堀池4丁目9番7号 サンコーレンタカーは、大阪・兵庫エリアから京都・奈良・山口エリアまで多くの営

続きを読む